Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラミン銀行 前日

グラミン銀行インターンシップ前日


中国は上海→北京→昆明にたどり着きました。
明日の午前0時55分に昆明を出てダッカに向かいます。


他にもこういう貧乏旅行をする人がいるかもしれないから
言っておきます。
大きい荷物は北京と昆明で受け取って荷物と一緒に乗り換えです。


体力的には前回のアブダビ経由より過酷だ。
ひとつひとつのフライトが短く満足に睡眠がとれませんでした。


精神的には、外人とはいえ似たような顔が与えてくれる安心感はあった。
日本語学校通ってるって子もいました。
いちいち「In English please」とか「I'm a Japanese」
って言わなきゃ中国語が止まらないめんどくささはあったけど、
あの、「馴れ馴れしく話しちゃってごめんね」みたいに
照れくさそうにする仕草がなんか可愛かったです。


機内でもらった読売新聞の一面記事が竹島問題だった時は、
「やべ、そういえば尖閣なんて問題も。。。」とか思ったし、
案の定ななめ前の中国人のおじちゃんの持っている中国語の新聞には、
【・・・日本・・・嫌・・・】みたいな漢字が書いてあり、
これは、危ないのか?とか思いましたが、


となりのフィリピン人だかシンガポール人だかのお姉ちゃんに、
「Can I borrrow your pen?」って言われたので、OKとだけ答えた後、


こういう時に「Why not?」とかいうとキザでカッコイイのかなぁとか考えていたら、
さっきの領土問題の心配は消え去りました。


ちなみに、この記事は昆明空港で書いていて、さっき昼ご飯を済ませました。
豚肉とピーナッツをなんかのタレからめてご飯と一緒に食べるやつを食べました。
シンプルな酢豚みたいなやつでした。


レストランから出る時、英語で案内してくれたウェイトレスが、
「ゴーチュー」って言ってきて、良く分からなかったので「え?」って聞き返すと、
また「ゴーチュー」って言われました。


結局良く分からなかったので、多分中国語で「また来てね」って意味だと思って、
「サンキュー」と答えてその場を後にしました。


あ、「Good trip」って言ったのかもしれない!って今閃きました。


さて、ここで後12時間ほど滞在してダッカ行きの飛行機に乗ります。
ダッカに着いたらシャワーを浴びて、寝ずにインターンシップへと向かいます。
最初のホテルは前にも泊まったことがあって、
ドミトリーだけど荷物を置きっぱなしにできるっていう
僕が絶大な信頼を置いているところです。


追記
出発の3時間前に太田光の『文明の子』を読み終えてしまいました。
小説で持ってきているのはこれだけなので、
勉強すること以外の楽しみは無くなりました。


しかし、これを中国で読んだ事実っていうのが、
なんだか運命のような、なんだろうか。
今最も話題の国ではあるから小説に登場しても不思議ではないけど。
なんか自分が特別な感じがして良かったです。


さえき

Appendix

プロフィール

ryoochin

Author:ryoochin
ご訪問ありがとうございます。りょうすけです。2010年12月にバングラデシュに行き、バングラデシュを通して、貧困や平等について考えて行きたいと思います。特に、チッタゴン丘陵地帯に住む人々の生活を通して、相互理解や和解がいかにして実現していくのかを考えていきたいと思います。よろしくお願いします。

クリック募金

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。